Quick-s.net -
サービス / 料金 / 規約 / 会社概要 / お申し込み / サポート / よくある質問 / レンタルサーバー、ドメイン取得ならクイックサーバー /
-
-
- - -
よくある質問

よくある質問イメージ

-
 
 
-

-
■
    ドメイン 質問一覧
 
-
    ドメイン - 基本てきなこと
    ドメイン - 取得・設定
    ドメイン - 変更・移出


-
■
 ドメイン 回答
 
-
ドメインとは何ですか?
A
ドメインとは、公式に認めれた世界唯一の名称で、インターネット所の住所をさします。
英字と数字を組み合わせて作成した文字をドメインとして『レジストラ』に申請します。申請が認められたら、インターネット上の公式住所(ドメイン)となります。
同じドメイン名は、ほかには、世界中で誰も登録することはできません。わかりやすいドメインをとれば、認知度や信頼性を上げることができます。
レジストリやレジストラとは何ですか?
A
ドメインを勝手に決めることができると世界中が混乱してしまいます。そこで、ドメインの申請を受付け、認定する唯一の機関が、『レジストリ』です。たとえば、comやnetは、米ベリサインが、.jpや.co.jpは、日本レジストリ(JPRS)が認定をします。これらのレジストリへの登録を行う専門業者は世界で複数あり、それを『レジストラ』といいます。
クイックサーバーは、このレジストラと契約しています。
ドメインにはどのような種類があるのですか?
A
大まかにわけて次の種類があります。目的にあわせて選択してください。

gTLD(ジェネリック・トップ・レベル・ドメイン
世界中の人が獲得できるドメインです。
ドメイン
特  徴
.com
 最も一般的なドメイン
.net
 ネットワーク組織、事業向け
.org
 組織、グループ向け

ccTLD(カントリー・コード・トップ・レベル・ドメイン
日本国内の人または法人が取得できるドメインです。
ドメイン
特  徴
.jp
 日本の標準ドメイン
 短く覚えやすく、人気が高い。
.co.jp
 国内の法人対象の標準ドメイン
.or.jp
 .orgの国内版
.ne.jp
 .netの国内版
※co.jp,or.jp,.ne.jpは、jpの属性形ドメインとも呼ばれます。
※.or.jp,.ne.jpは新規で取得できません。(移動は可能です。)

新gTLD(ジェネリック・トップ・レベル・ドメイン
.comの人気が高まりすぎ、空きがなくなった新しいドメインが考えられました。
ドメイン
特  徴
.biz
 ビジネス向けドメイン
.info
 情報発信など幅広い用途に。
.name
 個人用途、非商用のみ。
※.nameでは、[名.姓.name]、メールアドレスが「名@姓.name]となるような特殊な登録も可能です。
  しかし、クイックサーバーでは、他のドメインと同じ扱いになり、このような登録はできません。
DNS(ドメイン・ネームシステム)とは何ですか。
A
ドメイン名と、IPアドレスの関係を付けた一覧表です。この一覧表は、世界中で作成され、すべてが連携しています。インターネットアクセスの際には必ずこの一覧表を参照します。これをドメイン・ネーム・システムといいます。このおかげで、ドメイン名さえわかれば、世界中のどのホームぺ―ジにでもアクセスしたり、メールを送ったりできるのです。
ドメイン名に使用できる文字を教えて下さい。
A
ドメインに利用できる文字は、原則的にアルファベット(a〜z)、数字(0〜9)、−(ハイフン)を組み合わせた英数字および記号の文字列です。3文字以上、63文字以内である必要があリます。正し、−(ハイフン)で始まったり、終わったりすることは出来ません。
申し込んだドメインが取れなかった場合はどうなりますか。
A
ご連絡さしあげますので、再検討をお願いします。どうしても気に入ったドメイン名が見つからない場合は、ご返金いたします。
ドメインが取得できるかどうか事前にわかりますか。
A
whoisサービスというもので調べることができます。
 (1)InterNicまたはDomainPeopleのwhoisサービス(.com/.net/.info/.biz/.nameの場合 )
 (2)JPRSのwhoisサービス(.jp /.co.jp の場合 )
これらで「No match for domain "ドメイン名"」 もしくは「該当するデータがありません。」というような表現が表示されれば、まずドメインが取得できるはずです。
※登録作業中のものは検索できません。タッチの差で先に取られてしまうこともあります。ご了承下さい。
海外在住ですが、.jp または、.co.jpドメインは取れますか。
A
登録住所を日本国内にすることができれば、取得できます。
ただし、co.jpの場合は、日本国内の住所が記載された法人の登記簿謄本コピーが必要です。
新規ドメイン取得やドメイン移動の場合、ドメインの所有者はだれになりますか?
A
お客様のものになります。お申し込みの際の「お名前」が登記上の所有者になります。
ドメインの登録メールアドレスには、クイックサーバーのメールアドレスが公開され、お客様のメールアドレスは公開されませんので、ご安心下さい。なお、 「匿名」でのお申込みの場合は、登記上は弊社名義になりますが、所有権はお申込み者となります。
ドメインのみを取得してサーバーを借りないことができますか?
A
申し訳ありません。サーバーとセットでのみ販売させていただいています。>>サーバー 
レンタルサーバーのみ借りて、ドメイン契約をしないことが出来ますか。
A
ドメインをお持ちでない場合、いくつかのドメインを利用したサブドメイン形式でレンタルサーバーのみご利用になることが出来ます。また、ドメインをお持ちの場合は、そのドメインを利用して、レンタルサーバーだけのご契約をすることも可能です。>>レンタルサーバーのみ 
日本語ドメインはとれますか。
A
日本語ドメインについては、対応いたしております。サポートページよりお問い合わせ下さい。
既に独自ドメインを使用しております。そのドメイン名とメールアドレスを使用できますか?
A
はい御利用になれます 。ドメイン管理の方法別で、次の2つの場合があります。
 (1)クイックサーバーが、ドメインを管理させていただくとき >>移転(移動) 
 (2)お客様が、今後もドメインを管理されるとき >>レンタルサーバーのみ
ドメインは他社で管理してもらって、レンタルサーバーのみの契約は可能でしょうか?
A
可能です。ただし、DNSの設定変更、ドメイン更新時の手続きやお支払いも、別々にしていただくことになりますし、トラブルが増えていますので、初心者の方にはお勧めできません。
詳しくはこちらをご覧ください。>>レンタルサーバーのみ
URLアドレスの「www」は、どのように扱われますか。?
A
http://***.com と ,http://www.***.com/ を同じアドレスとしてどちらもご利用いただけます。
ドメインに登録された住所などの情報を変更することができますか。
A
メールアドレスや住所などは変更できますが、レジストラに登録したものについては、変更が有料となる場合があります。サポートフォームからご確認ください。
ドメインの登録名義を変更することはできますか。
A
名義の変更は、「譲渡」になります。譲渡については、若干料金がかかることがあります。
お問い合わせください。
A
ドメインの移動の際に必要になるコードのひとつです。認証キーと呼ぶところもあります。解約の際にしか発行されませんので普段は気にする必要はございません。
↑


Copyright(c)2003-2018 Quick-s.net,All Rights Reserved.